暑いですね~。

もう昼時は外を歩くのが嫌になってしまいます。

ソーメンとか、ざるそばとか、そういったつるりと食べやすい麺メニューが食べたい季節です。

しかし、毎日は飽きるんですよね。和風だしも。

そうすると、つけ麺とか中華に行きたくなります。

でもつけ麺は量が多いし、カロリー多め。少し気になります。

そんなあなたに、ベトナムの冷やし麺がおススメです。

ハノイ名物「ブンネム」

揚げ春巻きとパクチー、ミント、もやし、サラダがのった、冷たい和え麺です。

ハノイの夏は、日本人の想像を超えた暑さです。

なんといっても、暑い日ほど、みんなエアコン使うので、停電になります。

そうすると、エアコン使えない。

そんなハノイの夏の定番料理です。

当店では、氷も入れて、冷やし麺としてお召し上がりいただきます。

 

ハノイ風「ブンチャー」

焼き豚つくねと豚肉入りの、ハノイ風つけ麺です。

この料理は夏だけでなく、いつでもハノイ人には大人気の麺メニューです。

豚つくねと焼き豚肉の旨味をたっぷりと感じられる甘酸っぱいタレ(タレは温かいです)に

細米麺をつけて食べます。

日本人でもベトナムで食べて忘れられない人も多いのではないでしょうか?

それくらい、とても美味しくて、ポピュラーな料理です。

あのオバマ元大統領も、ハノイへ行った際にはブンチャーを食べている姿が報道されました。

 

当店ではどちらも生麺!日本米の米麺は冷やして食べるのが実は一番おいしいです。

ぜひこの夏、チョップスティックスの「冷やし米麺」をお召し上がりください!