新メニューが加わりました。

高円寺本店、吉祥寺店で、内容が違います。

それぞれ限定のメニューもありますので、ぜひどちらもご利用くださいませ~。

バインコット

バインコット(吉祥寺店限定)

たこ焼きみたいな見た目で、同じように専用のフライパンで焼きあげます。

生地は米粉にココナッツミルク、ターメリックなどを入れて作りますが、

そこに海老、豚ひき肉、緑豆をのせて焼きあげ、最後にネギ油をかけます。

そして、なますやパクチー、大葉と一緒に、レタスに包んで食べます。

味が想像できましたかね?それはもう、「美味しい」です!!

バインゴイ

バインゴイ(高円寺・吉祥寺 共通)

見た目は揚げ餃子みたいです。

中身がかわっていて、豚ひき肉の他に、干し椎茸、きくらげ、春雨、豚耳、野菜類が入ります。

豚耳やきくらげ、春雨の食感が楽しい、ベトナムハノイの屋台料理です。

ハノイの旧市街、ホアンキエム湖の近くの教会の前にある専門店が有名ですね。

きゅうりや人参の入った薄味のヌクチャムにつけて、野菜と一緒に食べる感じです。

ヌクチャムも一緒に飲んじゃっていいです。

揚げものをさっぱりと食べられる、そんな料理です。

ゴーヤの肉詰め

ゴーヤの肉詰めのスープ煮(吉祥寺店限定)

見たまんまなんですが、ベトナムの家庭料理やレストランでもよく見かける、定番の料理です。

ゴーヤの苦味と肉の旨みがスープで融合する、そんなゴーヤ好きにはたまらない料理です。

ゴーヤの苦味は暑さも和らげてくれます。

カーコートー

カーコートー(吉祥寺店限定)

ベトナム風煮魚で、味付けにカラメルを使う、ベトナム北部でも南部でも食べられる定番料理ですが、

当店は北部風のものです。

煮魚なのに、豚バラ肉も一緒に煮込みます。

「そんなもったいない、日本では魚は魚、肉は肉、別々で煮込み料理は作るんだよ」って言いたくなってしまいますが、

その両方の旨みの相乗効果で食べるという、ベトナムならではの煮込み料理。

ぜひ一度お試しください。

ゴーヤと豚肉の玉子炒め

ゴーヤの玉子炒め(高円寺店限定)

沖縄でも定番の料理ですが、ベトナムでも定番の料理です。

本来はゴーヤと玉子だけで作るのですが、当店では豚肉も使っています。

日本人、ベトナム人みんなで試食した結果、「豚肉も入れた方が美味しい」ってことになりました。

ヌクマムで味付けするのがベトナム風。パクチーと一緒にお食べ下さい。

ソフトシェルシュリンプの唐揚げ

ソフトシェルシュリンプの唐揚げ(高円寺店限定)

頭から尻尾まで、すべてまるごと食べられるから美味しいです。

海老や蟹の旨みって、頭や内臓にありますからね。

米粉で薄く衣をつけて、サクサクに揚げました。レモンを絞って、スウィートチリソースでお食べ下さい。

 

茄子のサラダ

焼きナスの挽肉のせサラダ仕立て(吉祥寺店限定)

この料理もベトナムでは定番ですが、本来は焼いて皮をむいた茄子に、干し海老と挽肉をヌクマムと砂糖で甘じょっぱく炒めたものを

のせ、そこにヌクチャムとネギ油をかけて食べる料理ですが、当店ではさらにそこに生野菜をのせ、

サラダ仕立てにしました。

さっぱり美味しい、夏らしい料理です。

海老のタマリンド炒め

海老のタマリンドソース炒め(高円寺と吉祥寺で味が違います)

タマリンドは、ベトナムではよく使う食材で、そのソースの作り方も、料理人によって違います。

なぜ高円寺と吉祥寺で味が違うかというと、それぞれの料理人がこだわりをもっているからで、

別の味でいこうということになりました。

角煮

ティッコートー(高円寺店限定)

ベトナム風、豚の角煮です。

レモングラスなどのハーブと、八角などのスパイスをたっぷりと使い、

カラメルの風味と唐辛子と花山椒の辛みが融合する、

甘辛くてスパイシーで、清涼感のあるベトナムならではの味です。

吉祥寺 豚耳の和え物

豚耳と野菜の和え物(吉祥寺版)

ベトナム風のミミガーですね。

さっぱりと箸やすめなどにどうぞ。

豚耳の和え物

豚耳と野菜の和え物(高円寺版)

これも料理人の豚耳のカットの仕方のこだわりで、ちょっと違います。

写真では色が吉祥寺版とだいぶ違いますが、これは写真の色調のせいだと思います。

あくまでも食感の為の「豚耳」のカットの仕方で、2店が違います。

 

 

高円寺店メニュー

しっかりディナー(高円寺本店)

吉祥寺店メニュー

しっかりディナー(吉祥寺店)